4.勤務/定休日

勤務事項(TECHSTAN本社勤務の場合)

勤務日
月曜~金曜日
標準勤務時間
09:00~18:00
朝礼
月曜/水曜/金曜
08:45~09:00
小休憩
勤務時間であっても1時間毎に5~10分程度の休憩を認めます。
小休憩中にコンビニ等に外出する場合はタイムカード等に外出打刻する事
また、外出する場合は受付(当番)に外出先を伝える事
昼休
12:00~12:00 (60分間)
勤務状況においては昼休の間帯をシフトする事を認めます。
遅刻時間との相殺は禁止します。
禁止例1) 30分遅刻したので昼休を30分間削除して遅刻しなかった事にする等
禁止例2) 定時より1時間早く退社(早退)したいから昼休みをとらない等
出勤定義
始業15分前(08:45)を目処に余裕ある出勤を心がける事が望ましい。
出社後は必ずタイムカードに打刻する事。
打刻忘れは欠勤扱いになるので必ず忘れずに注意して下さい。
遅刻定義
始業09:00迄に勤務準備が間に合わない場合遅刻と見做します。
遅刻例1)始業時に自席にいないでコンビニや喫煙外出している場合
遅刻例2)始業時に自席にいないでトイレ等でお化粧や身支度をしている場合
遅刻例3)社内にいても朝食を取っている等
体調不良で無い限り、始業後1時間(10:00)迄は休憩をとらない。

定休日

定休日
毎週土日/祝祭日
非定休日
ゴールデンウィーク
盆休み
年末年始
補足
非定休日を連休化するには4つの方法があります。
1.報奨休暇を申請し、許可された場合
2.有給休暇を申請し、許可された場合
3.特別休暇を申請し、許可された場合
4.欠勤(無給休暇)を申請し、許可された場合

ビジネス・マナー

取引先(顧客/協業)アポイント・マナー

  1. 約束した前日に改めて「挨拶レベル」の電話連絡で日時/場所を確認する。
  2. 先方が不在/留守の場合は伝言をお願いする。(その場合、伝言した方のお名前を伺いメモを取る)
  3. 当日、アポイントに向けて移動を開始する時点で、予定どおり到着できるか判断する。
  4. 「遅刻」する場合、先方に電話連絡をし「日程調整」の確認する。
  5. 現地到着時点で社内連絡メーリングリストに連絡する。(将来的にSFAアプリ化)
  6. 面談/打合を終了した時点で社内連絡メーリングリストに連絡する。
  7. 次のアポイントに移動する場合(2.)に戻る。
  8. 直帰(会社に戻らず帰宅)する場合は上司に電話連絡し、許可を求める。
  9. 直帰する場合、寄り道せず自宅に帰り自宅から業務報告書を作成し当日中に提出する。
  10. 帰社する場合、報告書(営業報告/打合議事録など)を作成し当日中に提出する。

取引先(顧客/協業)節度

 我々TECHSATANのビジネスは守秘義務を負った企業情報、顧客情報を取り扱う立場です。

 普段からの取引先との交渉/交際において一般企業以上に「情報管理における節度」を重要視します。
 端的に言えば「本意でなくても疑われる」可能性がある立ち回りは日頃から慎む事を社員の皆様に切望します。

  • 勤務日(業後も含む)に取引先(顧客/協業)との接待(割り勘も含む)は原則禁止です。
  • 特に取引先(顧客/協業)の会社規模が格上の場合、証券取引法及び下請け法で禁止しています。
  • 取引先双方の企業にとって公式ビジネスではない第一者(発注)、第二者(下請/受注)、第三者(紹介)を含む全てのサイドビジネス(副業)を禁止します。

取引先との交際/社内での交際

  • プライベート(休日)に個人的にレジャー等で交友を広める分には問題ありません。ただし、仕事関係(サイドビジネス含む)の会話は禁止します。
  • 取引先/社内での結婚を前提としない性的交友を禁止します。
  • 結婚前提の交際(恋愛)の場合は所属部長または社長に個人的(プライベート守秘として)事前報告する事
  • 取引先または社内において個人レベルの現金・金品・有価証券・権利書(車やバイク、ボード等)・免許書(資格書)・保証人の貸借関係及び保管/預かりを禁止します。
  • 個人の信仰/宗教の自由は尊重しますが、取引先や社内での勧誘は禁止します。