6.報奨休暇

審査項目

一般/事務系
A.早朝出勤評価 (始業30分前迄に出社)を毎月16日分以上
技術営業部
A.早朝出勤評価 (始業30分前迄に出社)を毎月16日分以上
または
B.毎月営業ノルマを達成した者(人事考課制度を参照)
業務クラウド開発部
A.早朝出勤評価 (始業30分前迄に出社)を毎月16日分以上
または
C. 毎月開発ノルマを達成した者(人事考課制度を参照)

審査期間/報奨休暇

第1審査期間
1月~3月
報奨休暇 :ゴールデンウィーク 昭和の日(4月29日)~子供の日(5月5日)
第2審査期間
4月~6月
報奨休暇 :夏季休暇(盆休)9日連休
第3審査期間
7月~9月
報奨休暇 :年末年始9日連休
第4審査期間
10月~12月
リフレッシュポイント :5ポイント獲得
リフレッシュポイントは年次繰越できます。
リフレッシュ有給休暇1ヶ月(任意月):20ポイント
リフレッシュ有給休暇2ヶ月(任意月):40ポイント

特別休暇の趣旨は社員の健康管理の一環として定めました。

IT業界は往々にして残業が多い業界なので夜型生活になりがちです。
残業は夜遅くまでやるのではなく可能であれば早朝出勤にシフトして定時退社を心掛ける事を推奨します。
特別休暇は無条件で全社員に付与されるものではありません。社員の勤務状況によって審査されます。
審査項目(A.~D.)を毎月1つ以上満たせば「優」判定となります。
審査期間(3ヶ月)連続で「優」判定を取得した者に特別休暇(報奨休暇)が支給されます。

注意) 業務担当によっては当事者間で特別休暇をシフトする場合があります。