12.試用期間

試用期間の確認ポイント

  1. 人としての真摯さ
  2. 仕事への意欲
  3. 通勤状況(遅刻や朝方が弱くないか)
  4. 仕事中居眠りしたり、休憩回数や休憩時間が長すぎないか?
  5. 仕事中に証券トレードやWEBゲーム等で業務が散漫になっていないか?
  6. 業務管理(報告、連絡、相談)を自主的に行動できるか?
  7. 精神的、肉体的な健康状態の確認
  8. 入社時の提出種類に虚偽が無いか?

試用期間の評価(審査)

  1. 候補者の勤務実態を担当上司、所属部長、社長の3社で評価させて頂きます。
  2. 試用期間は原則3ヶ月とします。
  3. 入社前の両者合意により試用期間が1ヶ月~6ヶ月になる場合があります。
  4. 入社時に両者合意した試用期間は原則として延期しません。

無条件不採用について

  1. 入社時に提出した書類(年齢、性別、学歴や免許など)に虚偽が確認された場合
  2. 入社時に事前報告をしていない刑事事件の係争中(裁判中)や執行猶予が発覚した場合
  3. 非合法な消費者金融を利用していた場合
  4. 社員や取引先に金銭関係の貸付を相談したり実際に借金した場合
  5. 多重社員(他社の正社員)や副業(派遣やアルバイト)をしている場合
  6. 社会モラル(万引、恐喝、暴行など)に問題がある場合
  7. ビジネスモラル(会社備品の持ち帰り、無断欠勤)に問題がある場合
  8. 合法/非合法問わず麻薬やドラックを服用している場合
  9. ファッションであっても大小かかわらず身体に刺青をいれている場合
  10. 社内や取引先で宗教の布教活動や政治運動を勧誘していた場合
  11. 賭博(パチンコ、スロットなど)にはまっている場合